子供や中学生の身長を伸ばす方法!注目の成分はコレ!

子供や中学生の身長を伸ばす方法!注目の成分はコレ!

身長が低いお子さんをお持ちの方は、いろいろと心配ですね。
身長を伸ばす方法は、昔からいろいろ言われています。

 

このサイトでは身長を伸ばす方法についてまとめています。

 

 

あと3cmほしいな


 

あと5cm、いや10cmほしい!


 

子供の身長を伸ばすのに影響するする要因

 

身長を伸ばす要因は下記の5つがあります。

 

遺伝的要因

ホルモン

運動

睡眠

栄養状態

 

遺伝的要因

両親の身長によって子供の身長が変わるというものです。

 

子供の身長を予測する式は下記のものが有名です。
子供の身長を予測する式

 

この式はあくまで目安で、相当なズレがあるようです。

 

現在の70代以降の人は、戦時中、戦後などで栄養状態が良くない状態で成長した世代なので、遺伝的な本来の身長まで到達しなかった人も多かったのです。

 

このような両親から生まれた子供は、上記の計算式よりも大きくなる可能性が高くなります。

 

ホルモン

第二次性徴期が早くると、女性ホルモンによって成長が鈍くなる傾向があります。

 

第二次性徴期の開始をコントロールするのは難しいですが、

 

睡眠不足

肥満

 

の2つが第二次性徴期の時期を早くする要因になります。

 

運動

 

運動することは骨にとっては刺激になります。この刺激のことをメカニカルストレスと言います。

 

このメカニカルストレスが骨を作る細胞である「骨芽細胞」につ伝わると、骨を作る活動が活発になることが判っています。

 

バレリーナが手足が長いのは?

バレリーナは確かに手足が長いですね。
もともと手足の長い体型の人がバレエでは有利なために、最終的にプロとして残るためとも言われます。
1人の人間でバレエをやった場合とやらなかった場合のデーターはとれないので、確固たるデーターはないようです。

 

でも、手足を遠くに伸ばす動きによって、手足が長くなっても不思議ではないと思います。

 

テニスプレーヤーは利き腕が長い

テニスを長くやっていた人が左右の腕の長さが変わるというのは有名な話です。200km/hにもなるテニスボールを打つと衝撃的なメカニカルストレスが繰り返し利き腕に加わるためと言われています。

 

筋肉をつけると身長が伸びない?

成長期に過酷なトレーニングをして筋肉を付けると身長が伸びなくなる、と言われることがあります。

 

これも、1人の人間で比較データーはとれないので、はっきりとしたデーターは無いようです。

 

過酷な運動のしすぎは良くないとは言われますが、一般的なレベルでの筋トレ程度では問題ないようです。

 

睡眠

 

寝る子は育つ

 

というのは本当です。

 

寝ている時に骨芽細胞の働きが活発になり身長が伸びます。

 

ホルモンのところにも書きましたとおり、睡眠をしっかりとることは成長期の子供にとっては大変重要なことです。

 

 

寝るのは得意だよ!


 

栄養状態

 

身長を伸ばすために重要と言われる栄養素は、下記のとおりです。

 

たんぱく質

アミノ酸

亜鉛

コラーゲン

 

順番にみて行きましょう

 

たんぱく質

 

体を作るのはたんぱく質ですから、たんぱく質は身長と大きな関係があります。

 

栄養状態が悪い時代、身長が低く、この約100年間で平均身長が10cm伸びたのも、たんぱく質不足の人が減ったことが主な原因です。
といっても、たんぱく質を摂れば摂るだけ身長が伸びる訳ではありません。

 

過剰なたんぱく質は脂質に変わることもあり、体が処理しきれないたんぱく質を摂取しても無意味です。

 

子供の現在の食生活をしっかり見てみましょう。

 

朝はパンだけとか、

 

夕方にお腹減ったと言ってお菓子を食べた結果、夕食をほとんど摂らなかった

 

ことなどないでしょうか。

 

このような場合は、たんぱく質不足になる可能性は十分にあります。

 

3食しっかりたんぱく質を含む食事をとらせましょう。

 

野菜嫌いの子で、ほとんど野菜を食べない子でもしっかり成長します。

 

まずはたんぱく質を最優先に考えた方が良いです。

 

 

あちゃ〜!私コレだわ (*_*)


 

アミノ酸(アルギニン)

 

たんぱく質は体内で酵素により消化されてアミノ酸になりますので、アミノ酸を摂るということは、たんぱく質を食べるということだと思っても良いです。

 

但し、アミノ酸の中には身長に影響があると言われているものもあります。

 

それは、アルギニンです。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進すると言われているためです。

 

アルギニンの摂取によって、身長が伸びるのかについては賛否両論があります。

 

これも、1人の人間でアルギニン有無のデーターが摂れませんので、確固たるデーターが無いのです。

 

肉類などたんぱく質を摂っていればアルギニンも含まれますので、アルギニンをサプリなどで取る必要はないと思います。

 

たんぱく質の摂取が不足した日に、補助的にアルギニンのサプリなどで補うのは良いと思います。

 

亜鉛

 

亜鉛は細胞分裂や体内酵素の活性化、成長ホルモンに関連している物質で、身長にも影響があると言われています。

 

食事から摂るには、ごま、煮干し、うなぎ、レバー、Jチーズ、するめ、きな粉、牡蠣、ピーナッツなどに多く含まれます。

 

普段の食事で不足しがちな栄養素なので、必要に応じてサプリメントを使うことを考えても良いです。

 

 

コラーゲン

 

身長を伸ばすということは、骨を伸ばすということです。

 

骨と言えばカルシウムということで、骨はカルシウムの固まりだと思っている人はいませんか?

 

子供の身長を予測する式

 

確かに骨の皮質骨や海綿骨の70%はカルシウムやリンなどの無機質でできています。

 

しかしそれだけではなく、その無機質を網の目のようにコラーゲンが張り巡らされています。

 

この関係は鉄筋コンクリートの建物に例えられて、コラーゲンが鉄筋、無機質がコンクリートに相当します。

 

体積比で言えばコラーゲンは約50%を占めているのです。

 

コラーゲンが身長を伸ばす効果がある理由

 

最近、特に注目されているのはコラーゲンの摂取です。
以前よりも遥かに消化・吸収の優れた、低分子化したコラーゲンである、コラーゲンペプチドがとても優れた効果を発揮することが判ってきています。

 

このサイトではコラーゲンの身長を伸ばす効果についての情報をお伝えしていきます。

 

コラーゲンは体に非常に多く含まれる

コラーゲンは人間の体のあらゆる部分に存在しています。コラーゲンが占める割合は水分を除くと下記のような比率です。

 

骨の50%

関節の53%

腱や靭帯の87%

皮膚の70%

 

コラーゲンが体に占める割合は非常に高いことがわかります。

 

上記は質量の比率であって、体積比で言えば更にコラーゲンの比率は高まります。

 

骨は大部分がカルシウムというイメージを持っている人が多と思いますが、実際にはコラーゲンの方が多いってことが判ります。

 

骨の代謝にコラーゲンペプチドが作用する

 

骨は常に破骨と造骨を繰り返していて、コラーゲンペプチドは骨を作る骨芽細胞の働きを良くすると言われています。

 

コラーゲンペプチドのなかでも特にPOとOGというペプチドが、骨芽細胞に働きかけると言われているんです。

 

この働きによって、骨を作る骨芽細胞が元気になります。

 

コラーゲンの身長を伸ばす効果は今のところ、完全に証明されたわけではありません。

 

ただしコラーゲンが不足した状態であれば、良い方向に作用しないと考えられます。

 

少なくとも、コラーゲンが不足しないようにサプリで補給することは有効と思います。

 

こちらのサイトでサプリを選び、適度に使用されることをおすすめします。
コラーゲン比較

 

 

ママのコラーゲンもらおうっと!


 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴